音楽は認知症や老化防止、ストレス発散などに大きな効果があると報告されています。
そのため、医療・介護関連施設でも「音楽」がどんどん取り入れられてきています。

私もここ数年、「音楽と健康」をテーマに医療・介護関連施設などでの
演奏やお仕事をさせていただいているのですが、是非見てみたいな!
と思っている映画です!

パーソナルソング
1000ドルの薬より音楽を!!



サンダンス国際映画祭で観客賞受賞の注目作!

インディペンデント映画やドキュメンタリー映画の国際的な登竜門として知られ、世界中から毎年8000本を超える映画が集まるサンダンス国際映画祭において、本年、ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞したのがこの小さな映画「パーソナル・ソング」(原題:Alive Inside)だ。

アメリカでは認知症の人々が年々増加しており現在500万人以上もいると言われている。病院や介護など関連した職業の人口は1000万人にも上る。日本でも高齢者の4人に1人、約400万人が認知症を抱えているとされ、大きな社会問題になっている。サンダンスでは、本映画鑑賞後にはSNSサイトで絶賛の声や驚きの声が書き込まれ、映画祭の審査員、観客から高い支持を得て、監督本人も予期せず驚いたという観客賞を受賞した。その後もカナダやイタリアの国際映画祭などで監督賞や観客賞を受賞し続けている。アメリカでの劇場公開も8月から限定的にスタートし堅調な動員となった。インターネットの映画サイトRotten Tomatoesでも観客の満足度で94%と高い数字を記録。



あなたにとってのパーソナルソングはなんですか??


2014年12月6日に公開だそうです!
気になる方は是非チェックしてみてください。